夢の話

0
    素敵な夢だった。


    昼寝していた時にその夢を見た。

    故立川談志に弟子入りする夢。


    師匠宅を訪れ居間に通され戸惑う俺に、

    しばらくしてからおもむろに半紙に筆で

    「談葉」と書き終えてから、

    「目の前に茶筒があったんだからしょうがねぇやな」と言いお茶を
    すする談志師匠。

    その瞬間、新弟子「立川談葉」となった俺だった。


    とにかく鮮明な夢だった。

    住み込みではなく「通い」の弟子であった事。

    師匠宅の最寄り駅での風景。

    居間と台所の雑然とした光景。

    地方の仕事に付いて行ったり...。


    とにかくリアル。

    かの立川談志の間近に座り、一挙手一投足を眺められてる幸せ。

    夢の中で「これ夢じゃなくて現実であってくれ!」と思ったぐらいだ。

    (笑)



    しかし、なんでこんな夢を見たのだろう...。

    談春と志らくの本を読んだからなのだろうか...。



    まあでも、

    こんな素敵な夢を見れて嬉しい。


    現実では無理だが、

    気持ちの中で没後弟子「立川談葉」として頑張っていこうと思う。

    (笑)



    やはり思う。愛こそすべてと!




    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    Twitter

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM